大文字屋ブログ ワイン通販.COM名物店長のワイン好きブログ♪

2013.08. 7 Wednesday

8月3日の神吉。発穂してまんがな!

本日の一曲  ←夏は、タツローですね^^

 

あれれ、今週って記事投稿じゃないのに・・・

そ、イレギュラーです。なぜかって?

そりゃ、発穂ですぜ、発穂。穂が出てるんですよ^^

これ、記事にしなきゃ何書きます?という側面と、

次の日曜日が、契約農地の唯一の農薬散布の集団防除 

日に当たるからです。これは、何としても単独で記事にしないとイカンでしょ^^

これ、現行販売分の集団防除の様子です。動画で実際の散布の様子も見て頂けます。

では、発穂のテンションそのままに、8月3日の神吉です。

IMG_3045.JPG

いつもの様に、石橋さんのお宅を背にしてパシャリ。

稲の先端部分が黄色っぽくなっています。穂が出てるんですね。

IMG_3047.JPG

こちら、石橋さんの田んぼです。稲の立ち姿、だんだん「V字型」になってます.。

IMG_3051.JPG

寄ってみますと、こんな感じです。お隣と比較すると・・・

IMG_3049.JPG

うむむ~足元、詰まっとる!今年の神吉は、比較的降水量も少なく、日照時間も

キープできたんで、湿気もこもらず、イモチも起こりにくいんで、お隣も余分な

農薬散布はしないでしょう。しかし、詰まってるよな。

穂が出ると、上のボリュームが出るんで、隣同士の稲が干渉しあって

穂の広がりが、悪くなるんだけどなぁ。そうなると、収量が落ちちゃうんだけど・・・

まぁ、いいか^^

IMG_3053.JPG

こちら、松崎さん。寄ってみますと・・・

IMG_3055.JPG

ナイス♡発穂!米花粉症のかた、ゴメンナサイ^^

大文字屋は、この画像を見るとテンション上がるんですよね。

今年も順調です。

今のところ、神吉は、熱帯夜、無しとの事です。

昼間の気温も楽に30度を超えています。

穂が出て収穫までの時期に、充分な日照と、夜間の低温は、

美味しいお米の必須条件なんです。

なんとなく「寒暖差が大きい方が美味しい」とか、大文字屋は言いませんよ~

昼間の十分な日照で、豊かに育った葉脈が。活発に光合成をやり、

養分を生成します。この養分は稲の成長に使われるんですが、

穂が出て、種子が出来るころには、実は、稲の上への生育は充分なんです。

稲は、気温が25度を下回らないと、上への成長を止めないんです。

つまり、熱帯夜が続くと夜間も、稲は上への「無駄な成長」をしてしまい、

実であるお米に養分が溜まらないんです。

これを補うのが「実り肥え」というものでして、施肥して土壌に養分である窒素化合物を

供給し、ねっこからダイレクトに、実であるお米にため込むんです。

土壌に大量の肥料分が残っていると、上への成長に要する養分より吸収する

肥料分の方が、はるかに多いんで、実であるお米の重量は、増します。

モロ、窒素化合物の重みですけどね。これが、残留肥料の問題なんです。

 

そもそも、神吉には、熱帯夜がありません。

さらに、当店契約農家は、発穂が終わって、土壌の肥料分が使い切られてる状態に

なるように、ギリギリの施肥で育てているんで、実であるお米には、葉脈が光合成で

造りだした養分だけが蓄積するんです。

だから「寒暖差が大切」なんですよ^^

 

あ~テンション高いなぁ^^

長文読破、お疲れ様でした。NEXT記事、重要ですよ~お見逃しなく!

 

 

 

<< 前の記事へ|8月3日の神吉。発穂してまんがな!|次の記事へ >>

  • 大文字屋ブログ 名物店長のワイン好きブログ
  • あなたの知らないえらく美味しいワインがまだまだありますよ!!! 商品リストへ

ページトップへもどる