大文字屋ブログ ワイン通販.COM名物店長のワイン好きブログ♪

2013.09. 9 Monday

8月31日と9月7日の神吉 そろそろ稲刈り^^

本日の一曲 ←最近はまってるクラブジャズ^^

IMG_3750.JPG

これ、9月7日の八木町氷室地区です。

この山の向こう側が神吉盆地です。

雨ですね。山にかかる雲が、イイカンジでしょ?

この地区も、けっこうお米作ってるんですね。

もう稲刈りが、始まってます。

IMG_3752.JPG

こちら、いつもの石橋さんのお宅を背にして定点観測@9月7日。

ウチのお米じゃなんですが、けっこう「コケ」てますね。

このネタは後で・・・

IMG_3420.JPG

はい、こちら、石橋さんのたんぼ。8月31日です。

IMG_3418.JPG

8月31日のアップ。

IMG_3760.JPG

9月7日の石橋さん。あきらかに垂れてますね、頭(こうべ)

IMG_3758.JPG

ど~ですか??垂れてマンガナ、頭(こうべ)

 

IMG_3429.JPG

こちら松崎さんの8月31日の様子。

IMG_3764.JPG

9月7日はこんな感じです。かなり垂れてますねぇ~

そろそろ稲刈り感、ムンムンでしょ?

予定では、13日~16日のどれか。

雨が続くと、どうしても伸びちゃいますね。

 

さてさて、エライコトなご近所さん。

IMG_3422.JPG

これ、8月31日のザ・倒伏。

IMG_3431.JPG

これ、9月7日のザ・倒伏^^

IMG_3766.JPG

さらに、倒伏。

雨も降ってるんで、7日は、入念にコケてますね。

ウチの生産者の田圃は、当然ですが、コケてません。

何が違う?施肥の量が違うんですね。

肥料とは、稲が上に向かって伸びていき、

豊かな葉を茂らせて、

光合成で養分を作り出す事が可能になった時点で、

土壌に肥料分が「残っていてはならない」んです。

穂が出た段階で、

豊かに繁茂した葉脈が作り出す栄養素だけが

お米に貯蔵されます。

倒伏している田圃は、

穂が出ても、土壌に肥料分が残留しているんで、

根からダイレクトに肥料分が吸い上げられ、

窒素分がお米に蓄積されて、異様に米が膨張して、

重量が重くなりすぎて、

支えることが出来なくなって倒伏しているんです。

でもね、

お米の重さ自体は増してるんで、

売上的には増えるんで、農家には正解?

でも、味、モロに肥料の味がするんです。

苦いんですよ。

農協に出荷するんなら、

産地と品種で引き取り価格って、決まってるんで、

出来るだけ重くした方が、商売的には正解なんですよね。

オカシイでしょ~

 

石橋さんと、松崎さんのお米は、

出来るだけ少ない肥料で育てられてます。

本日時点で、土壌には肥料分、おそらくゼロでしょう。

これを実現するべく、

田植段階から

苗のひとまとまりを、少ない米粒で構成する

「細植え」を行う事で、

施肥の精度を上げているんですね。

石橋さんいわく

「肥料屋の言う通りやってたら、コケまくるで、ホンマ」と。

大体マニュアルの4分の1くらいなんですって。

でも、この施肥だと、

田圃の中の雑草取り、厳格にしないと、

稲に養分が回らないですよね。

ホント、手間は、増えるばかりなんでから。

このままでいくと、

年の作柄に匹敵する、いい食味が期待できそうです。

早く食べてみたいですわ。

 

長文読破、お疲れ様でした。

次も、美味いよ、神吉米。

<< 前の記事へ|8月31日と9月7日の神吉 そろそろ稲刈り^^|次の記事へ >>

  • 大文字屋ブログ 名物店長のワイン好きブログ
  • あなたの知らないえらく美味しいワインがまだまだありますよ!!! 商品リストへ

ページトップへもどる