大文字屋ブログ ワイン通販.COM名物店長のワイン好きブログ♪

2013.09.22 Sunday

9月20日は石橋さんが稲刈り!

本日の一曲←テンション、上がりますねぇ~

 

blogger-image-93182638.jpg

さて、石橋さんの田んぼも、完璧に熟したとの事で、

満を持して、9月20日に稲刈りが行われました。

今回も動画付きで紹介していきます。

↓↓↓↓↓↓リンクです↓↓↓↓↓

1 (2).jpg←石橋さん、快調に稲刈りです。

大体田んぼを2周ほど回ると、コンバインがいっぱいになります。

↓↓↓↓↓↓リンクです↓↓↓↓↓

1 (1).jpg←コンバインからホッパーへお米を移動。

軽トラックにセットされたホッパーから乾燥調整マシーンに移されます。

↓↓↓↓↓↓リンクです↓↓↓↓↓

1.jpg←結構お金、かかってるでしょ~

モミが入っていってるのが乾燥調製機です。

ここで、電熱で乾燥され、脱穀されて、袋詰めされます。

「大文字屋はんよ~隣の田んぼの米上がってるで」とおっしゃられていつも写真を撮っている田んぼのお隣の田んぼで獲れたお米を頂いて帰りました。

 

テンションも高らかに炊飯してみようじゃないですか!

blogger-image--918395427.jpg

これ、玄米をポンポンに吸水させて、白米と変わらない食感にするための「ポンポン吸水玄米」作ってるところです。玄米を適当な水加減、多い目です。

重たい鉄なべとか、土鍋とか、保温性の高い調理器具で、加熱して、沸騰させたら即消火して、蓋を閉め、自然冷却1時間ばかり。

blogger-image-1440180511.jpg

こんな感じにポンポンに吸水して、明らかにお米が膨張しています。

温度は、お風呂の熱い目?くらいでしょうか。

ざるに空けて、ザッと水ですすいで、いざ本炊飯です!

blogger-image-194771762.jpg

水加減は、1合に対して250mlです。これ、正確にです。

blogger-image-180732769.jpg

炊飯前に、大文字屋は岩塩をひとつまみ入れます。

岩塩のミネラルが、玄米の糠のマグネシウム分と結びついて、エグみを軽減してくれます。

あると、無いでは、差、結構わかりますんで、お忘れなく。

blogger-image--1463545264.jpg

水加減と岩塩を入れて、蓋を閉め、いざ、本炊飯です。

強火で、とりあえず沸騰させたら、

トロ火に弱めて30分炊飯します。

指定時間経過後、火を消して、蒸らしは20分ばかり。

蓋を開けたら、ナイス!カニ穴です!

blogger-image-1829274918.jpg

いままでの玄米の、ぱらぱらの食感からは考えられない、ふかふかな、ほぼ白米の仕上がりです。

ヌカの膜が、内側から白米に突き破られてます。

blogger-image-1814591855.jpg

トロ火のコントロールも、慣れてくると、100発100中で適度なオコゲもつけれますよ。

画像中央あたりがオコゲです。

食感、白米と同じですけど、腹持ち、玄米と変わんないんで、ダイエットに最適です。

大文字屋も、実は、このふかふか玄米で8㎏のダイエットに成功しております。

頑張って落としたわけじゃないんで、リバウンドしませんよ~

玄米フリークの方、レッツトライ!

 

<< 前の記事へ|9月20日は石橋さんが稲刈り!|次の記事へ >>

  • 大文字屋ブログ 名物店長のワイン好きブログ
  • あなたの知らないえらく美味しいワインがまだまだありますよ!!! 商品リストへ

ページトップへもどる