大文字屋ブログ ワイン通販.COM名物店長のワイン好きブログ♪

2018.01.13 Saturday

2017年12月7日ワイン通販.COMメルマガ

今週は、ボルドー推しの提案になります。

たま~に飲むボルドースタイル、まるで、

久しぶりに食べるケンタッキーフライドチ

キンのような「やっぱりコレだね~」的な

美味しさがありますね。

 

是非、お試しを~

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 

(↓先週のメルマガから引っ張ってます↓)

 

さらに、こちらの6本が、ロングランテイス

ティングを控えております。

1207.jpg

ボルドーワインの2015年あたりのビンテージ

です。2015年と言うことは、ボルドーの美味

しいって価値観が果実味推しに変わり切ったタイ

ミングなんで、期待できるんじゃないでしょうか。

 

結果のほどは、しばらくお待ちくださいませ。

・・・・・・・・・・・・・・・

↑↑こちら、先週のメルマガで紹介した「金賞受賞

ワイン」です。全部飲みました。結果は全滅でした。

もう、悲しくなっちゃって「金賞受賞ワインに美味

い物ナシ」と金輪際仕入れないことを誓うも、いや

いや、ちょっと待てよ~

と店内を見まわしてみると・・・

 

なんと、金賞受賞ワインと知らずにロングランテイス

ティングしておりました(爆)で、ロングランテイス

ティングの結果が「劇的に美味しい」!?

 

そう、フランスのいわゆる金賞受賞ワインでも美味し

いのがあるということがわかりました。そして、この

2アイテムは、すでにサイトに登録しております。

 

ヴァレンティンデュック フォジュール ルージュ

(左)これが、また、イケてるんですよね~ コルク

を抜いた瞬間に鼻腔めがけてカシス香が飛んできます。

南仏のワインですし、使われてるブドウも違いますが、

果実味推しになったボルドーシューペリュール的な高

級感さえ漂わせています。

 

コンテ・デ・ロッシュノーブレ トラディション

(右)こちらは、ちょっと懐かしい感じがする果実味

より、果皮や軸、種子の青っぽさをまとわせた飲みご

たえ系です。対比してみると面白さが際立ちます。欧

州全体的に価値観が、果実味推しに変わって以降の美

味しく楽しめるギリギリの苦渋ワインです。

 

金賞受賞だから、美味しいとか不味いでなく、酒屋は、

とにかく自分の舌と鼻でワインと向き合わないとダメ

なんだなぁと、至極当たり前のことを痛感した次第です。

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 

ボッシェンダル ラローヌ シラーズ+ムールヴェードル

こちらの南アのシラーズもロングランテイスティングの

結果、採用が決定しまして、サイトにも登録完了しまし

た。

このワインの面白いところは、シラーズがメインのワイン

ながら、少し収斂した酸を感じまして、まるでボルドーの

カベルネソービニオン+カベルネフラン的な味わいの側面

を持っていることですね。

 

このワインも、3日目あたりから味わいのピークが見え出

します。是非、時間をかけて飲んでくださいませ。

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 

ボルドー美味しいワインの買い合わせの提案です。

 

去年の春くらいからでしょうか、試飲会でテイスティング

したボルドーやトスカーナのワインが、ギシギシしたタニ

ックな味わいから、突然果実味推しに大きく味わいの方向

性が変わったように思います。

 

そこで、最近の果実味推しのワインと、ちょっと懐かしい

感じのする苦渋強めなワインの買い合わせ提案です。

 

飲み比べ面白いですよ~

是非!!

 

こちら、新しい美味しい価値観の果実味推しチーム

   

シャトー ラ・グラーヴ・ペネ

シャン・ド・フルーレ ボルドーシューペリュール

ヴァレンティンデュック フォジュール ルージュ

Ch モット・モクール ルージュ

 

こちらは、ちょっと懐かしい苦渋系。

でも、ちょっとスキ~~

   

Chラ・クロワ デュルケ ルージュ

コンテ・デ・ロッシュノーブレ トラディション

ドメーヌ・ド・ロラン フィトウ

アルノザン ボルドーシューペリュール 

 

果実味推しになったとは言え、搾汁圧の高いワイン造り

なので、栓を抜いて3日目に味わいのピークが来るのは

変わりないように思います。

 

すぐに飲み切るのって、ちょっともったい無いですよ~~

ボルドースタイルのワインは、抜いて3日目が最高。

 

是非お試しを。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

↑こちら、ただいまロングランテイスティングをやって

おりますボルドーのメルロー、カベルネ・ソーヴィニヨ

ン、カベルネ・フランのブレンドです。これも、意識し

てませんでしたが、金賞受賞ワインなんですね~最初の

6本が無かったら、こんなにもイメージが悪くならなか

ったと思います。

 

このワインは、ただいま3日目に突入しました。予想通

り3日目が最高ですね~このワインは、改めて仕入れま

して、サイトに登録する事確定です。ちょっと飲みごた

えを感じるワインです。

 

ロングランテイスティング、詳しくはこちら~

 

 

シャトー オー・フィリポン 初日

 

シャトー オー・フィリポン 3日目

 

まだまだ楽しめそうな感じです。

7日間は楽勝でしょうね~

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

今週に焼いた通販の景品です。毎回ほぼ同じように

焼き上げるようになりました。

フェイスブックの手ごねパンのコミュニティの方か

ら断面が見てみたいとの事だったんで、お客様に半

分送った残りの断面を披露させていただきました。

 

こんな感じになってます。いわゆるカンパーニュだと、

もっと内層に気泡が入って軽い食感に仕上げるんです

が、あくまでワインのお伴のパンです。パン自体に主

張を持たせるべく、窯伸びより味わいを優先させまし

て、全粒粉を全体の48%と、これ以上配合すると不

味く感じる一歩手前まで配合しております。

 

また、クルミも敢えて細かく刻まず、大きなまま入れ

て、食感を楽しんでいただけるようにしておりますの

で、よりいっそう気泡が入りにくくなっております。

カンパーニュと言うよりドイツパンに近いかもしれま

せん。

 

こちらは、適当な厚さにスライスしまして、強めにトー

ストしてトマトソースと合わせております。このパンは、

冷たいときの味わいと、強くトーストした時の味わいが

大きく変わるのも面白い点ですね。

 

冷たいときは、全粒粉の粉自体の甘さが明確に伝わって

きます。強くトーストすると、柔らかかった表皮がゴリ

ゴリの食感に変化し、香ばしい味わいになります。まる

で、粉の甘さを香ばしさが追い越していく様な感覚にな

りますね。

 

当店でワインをお買い上げになられましたら、もれなく

このパンの半分カットがついて参ります。温度に呼応す

る味わいの変化、是非お試しくださいませ。

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 

今週は、こんなところで。

 

最後までお読み下さり、誠に有難うございます!

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 

掲載ワインを最低1本ご注文いただきまして、お好みの

ワインを5本注文いただき、合計6本から送料無料を

承ります。

 

ご注文は、当サイトからお好みのワインを注文いただい

て、レジを通過していただきます。

自動で送られてくる受注確認メールには、運賃が入って

ますが、出荷時に訂正致しますので、ご安心を。

 

6本にとらわれないで、例えば7本とかでも大丈夫です

し、24までら、同一梱包で処理できますんで、

6~24本でご注文くださいませ。

 

(北海道500円、沖縄300円別途送料)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ワインをご注文下さると、翌日トーストが最高に美味しい 

こんなハードパンの半分カットが同梱されます。

ウマいよ~ホントだよ~^^)

 

 

 

 

 

 

 

<< 前の記事へ|2017年12月7日ワイン通販.COMメルマガ|次の記事へ >>

ページトップへもどる