2018年3月29日ワイン通販.COMメルマガ ワイン通販 送料無料 ワインと料理の相性 デイリー コスパ|大文字屋ブログ|ワイン通販.COM 大文字屋加藤酒店

大文字屋ブログ ワイン通販.COM名物店長のワイン好きブログ♪

2018.03.29 Thursday

2018年3月29日ワイン通販.COMメルマガ ワイン通販 送料無料 ワインと料理の相性 デイリー コスパ

いやぁ~暖かいですね~本日12時現在の京都の
気温は、22度です。

春ですね~
 

↓こちらの3アイテムは、ただいまロングラン
テイスティング中のワインです。こちらも上の
4アイテム同様搾汁圧の強いつくりのワインな
ので、3日目が最高なんだろうな~と思います。
ちなみに、その3日目が今日なんですよ。味わ
いの密度がタマランですよ~
IMG_2405.jpg
↑ここ2~3日中にサイトに登録しますので、
しばしお待ちくださいませ~
 
↑こちら、先週のメルマガの記事です。この
3本も、めでたくロングランテイスティングが
完了し、晴れてサイトに登録となりました。
南仏の強い日差しを感じるスパイシーな香味
のあるワインです。
 
 
 
 

 
↑初めは、頭髪のボリュームアップ目的で食べ
始めた目玉焼きですが、ここへきて、頭髪のボ
リュームも回復し、食べないといけないわけで
もないんですが、新鮮な粒胡椒をミルから挽き
出したのをかければ、ワインとチーズの関係く
らいの汎用性を見出します。ホント、赤白、甘
辛を問わずどんなワインでも受け止めてくれそ
うです。
 
ホント、美味しいから、ついつい毎日食べてるっ
て状態です。
 
頭髪のボリュームアップ目的で卵を食べるときの
注意点ですが、必ず白身を加熱しきって固体にし
てから食べてください。白身に含まれる「ビアジン」
と言う成分が卵黄ペプチドの吸収を邪魔するんです
が、この成分は、熱に弱く加熱で無力化するんです
って。なので、卵かけごはんじゃ頭髪のボリューム
はアップしません。ボリュームアップなら、目玉焼
きか、ゆでたまごを食べてくださいね~
 
かれこれ食べ始めて半年が経つんですが、ふにゃふ
にゃの猫っ毛が、もとの剛毛に戻ったんで、毎朝の
髪のセットに悩まされてます。
 
ハハハ
 
搾汁圧の強めなワインなら、このあたりも美味しい
ですよ~
  
 
  
 
搾汁圧が高く、軸や種を一緒に搾汁する造りのワ
インは、抜いたその日より3日目くらいの方が味
わいに複雑さが増して美味しさ度が上がるんです
是非お試しください。
例えばですが、今回のメルマガの提案に乗ってい
ただき6本お買い上げ下さったら、思い切って4本、
なんなら6本すべてのワインの栓を開けていただい
て、それぞれのワインを少しずつ、ぼちぼち飲み
比べて飲み進んで下さると、3日間くらいは十分も
つと思われます。
 
搾汁圧が強いワインは、一定の時間を置いた方が
断然美味しいんで、是非。
 
・・・・・・・・・・・・・・・
 
春は、ロゼが似合いますね~
そもそもロゼワインって、どういうものなのか?
なんですが、ザクッと分けて下の4つになります
 
①マセレーション法
この方法は、赤ワインを造る要領で果皮ごとブド
ウを搾汁して、発酵をスタートさせます。発酵途
上で、果汁に果皮の色素が濃く抽出される前に果
皮と果汁を分離してロゼにする方法です。(←セ
ニエは副産物ですが、こっちは積極的にロゼにし
ています^^)
 
②直接圧搾法
白ワインと同じように、メルローやカベルネの果皮、
種子と果汁を分離して、果汁だけの状態で発酵させ
ます。黒ブドウでも、果肉は半透明なんで、搾汁の
際に果汁に移る色素をもってロゼとしています。
 
③混醸造法
冷静に考えてですよ、白ワインと赤ワインを混ぜれ
ばロゼになるでしょ^^←実は、ヨーロッパでは、
ワインの状態で赤と白を混ぜ合わせるのは、ワイン
法上で禁止されてるんで、搾汁の段階で混ぜ合わせ
られるんですって。赤品種と白品種が混ぜ合わされ
てロゼ色の果汁が出来て、それを発酵させてロゼワ
インにする方法です。
 
④セニエ法
セニエとは、日本ワインで良く行われる作業なんで
すが、日本の気候で、チリやアルゼンチンのカベル
ネで出来たワインみたいに濃厚なワインを造りたく
ても、果汁の前の段階の果実段階での凝縮感が、雨
が多いせいで、どう頑張っても薄くなっちゃうんで
すよね。これを解決するのがセニエと言う作業にな
ります。まず、赤ワインとして仕込むべく搾汁をし
ます。搾汁後、果汁と果皮を温度管理して、発酵が
起こらない状態で触れ合わせて、果皮の色素とエキ
ス分を果汁に移します。これを醸しと呼ぶんですが、
この工程の初期の段階で、果汁に果皮の色素が移り
始めた頃に果汁の一部を抜き取ります。こうするこ
とで、果汁の水気を切って赤ワインとしての濃度を
出すことが可能になります。最近の日本のワインが
美味しいって言われだしたのは、セニエによって濃
度の高いワインが出回りだしたからだと思います。
いわば、美味しい赤を造るための副産物がセニエの
ロゼなんですね。
なので、試飲会に行くと、けっこうロゼの商品が出
てるんですよ。で、ワイナリーの方に「セニエでし
ょ?」と片頬に笑みを浮かべつつ尋ねれば「はい、
そうですよ」って。でもでも、副産物「でも」キチ
ンと赤との違いもあるし、そんなの抜きに、純粋に
美味しいし、僕は、いいと思うんですけどね~
 
ちなみに、うちの在庫では、フランスとアルゼンチン
に赤とセニエのロゼがあります。
 
 
 
 
この2組のワインですが、赤とロゼの味わいって、
似たようなのを想像するでしょ。さっきも書きまし
たが、これが不思議と全然印象が違うんですよ。
 
例えば、上の2つだと、赤は、スモモを感じるチャ
ーミングな酸が看板なのに対し、ロゼは、アオリン
ゴ+蜜リンゴ+イチゴの香りで、味わいも香りそのま
まにアオリンゴのシャープな酸とイチゴの少し柔ら
かな酸味と蜜リンゴの甘味がします。
 
下の方は、赤が、強い酸を感じない、まったり濃厚
な赤系果実味なのに対し、ロゼは、チャーミングな
イチゴの酸を感じます。
 
同じ品種で出来てるはずなのに、香りと味わいの印象
が、こんなにも違うのって、おもしろいでしょ^^
 
是非、飲み比べ、してみてくださいませ。
 
・・・・・・・・・・・・・・・
 
今週は、こんなところで。
 
 
最後までお読み下さり、誠に有難うございます!
 
・・・・・・・・・・・・・・・
 
掲載ワインを最低1本ご注文いただきまして、お好み
ワインを5本注文いただき、合計6本から送料無料
承ります。

 
ご注文は、当サイトからお好みのワインを注文いただ
いて、レジを通過していただきます。自動で送られて
くる受注確認メールには、運賃が入ておりますが、
荷時に訂正致しますので、ご安心を。
 
6本にとらわれないで、例えば7本とかでも大丈夫で
すし、24までら、同一梱包で処理できますんで、
6~24本でご注文くださいませ。
 
(北海道500円、沖縄300円別途送料)(総重量が30kg
を超える場合は、24本より少なくなりますのでよろし
くお願いします。)
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
ワインをご注文下さると、翌日トーストが最高に美味
 こんなハードパンの半分カットが同梱されます。
ウマいよ~ホントだよ~^^)
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<< 前の記事へ|2018年3月29日ワイン通販.COMメルマガ ワイン通販 送料無料 ワインと料理の相性 デイリー コスパ|次の記事へ >>

  • 大文字屋ブログ 名物店長のワイン好きブログ
  • あなたの知らないえらく美味しいワインがまだまだありますよ!!! 商品リストへ

ページトップへもどる