ログインマイアカウント送料支払いについてショッピングガイドお問い合わせカートを見る

  • 0(税込)円
  • 0点
  • カートの中

ベタッとしたヤリスギ感、皆無なピノです。これ、エレガントかな? 竹な赤まろやか

ロバートソン ピノノワール 750ml

ロバートソン ピノノワール 750ml

ロバートソン ピノノワール 750ml
商品コード:1367
ロバートソン地区 ピノ・ノワール100%
単価:1,500円(税込)
 
 
 
数量

んでからる」がキホンです!!
商品画像をタップすると、
                    試飲会画像がでますよ〜
☆ザクっと味わい☆
イチゴを思わせるキュートな酸味がイイです^^
ちょこっと感じる果皮のミネラルが味わいを〆て
ます。
合わせたい料理は、甘辛系で、
豚バラのトマト煮込み、トリッパ、
スペアリブのグリル、カスレなんかもいいですね。       
下の画像にはクックパッドのレシピへリンクが貼
ってありますんで、参考にして下さいね〜
   


   
さて、ピノなんですが、南アフリカで、ピノと
えば、絶対、ピノタージュだと思うんですよ。

比較的温暖で、日差しも強い南アフリカで、ピ
ノ・ノワ−ルみたいな果実味と、キレイな酸持
ったワイン、作るで!って事で、高温と強い日
差しに耐性をもたせた品種が必要と、ピノ・ノ
ワールにサンソーを掛け合わせて、創り出さ
れたピノタージュが、南アフリカで「ピノ」と名
のつくワイン品種なんです。

その前置きでこのワイン、
しら〜っと「ピノ・ノワール」なんですよ。

会社名も、ロバートソンですが、このワインを
作ってるロバートソン地区は、

/

こんな感じの高原なんですよ。
盛夏の気温も、デリケートなピノの果皮にギリ、
セーフなんですって。

冷涼なブルゴーニュがふるさとな品種なんで、
暑いのは苦手なんです。

気温が上がりすぎないんで、果実の充実にも
時間を要し、糖度の上昇も必要最小限になっ
ています。

アルコール発酵において糖分は、車で言うとこ
ろのガソリンです。このワインのぶどうの様に
糖度が上がりすぎていない果汁には、酸が程
よく含まれています。

アルコール発酵において、酸は、ブレーキの
役割を果たします。

「へっ?さっと発酵しちゃえばエエやん!」

いやいや、ピザのデリバリーと違います。
ワインのアルコール発酵は、出来るだけ時間
をかけて、進むのが望ましいんです。なぜなら
ば、ワインの味わいには、果皮の、色素であっ
たり、渋や苦味が重要な要素だからです。

サッと発酵が終了してしまうと、ワインに果皮の
美味しい所が乗らず、平坦なブドウジュースみ
たいなワインになってしまうからなんです。

このピノは、口に含むと、少し収斂した酸とミネ
ラルの苦渋味を品よく感じます。

ワインを呑みこんで、口の中に残ったのが体温
で温まると、収斂した酸がほどけ、サクランボを
思わせる、いかにもピノ・ノワールらしいチャーミ
ングな酸に変化します。

次に、ワインをグラスの中で、、空気と触れ合わ
せて開かせていくと、、ブドウの果皮の裏側を、
ストレート感じるタンニンが感じられ、これが、
しばらくすると、紅茶の渋を思わせる芳醇なも
のに変化します。

程よい酸を含んだ果汁での、時間をじっくりか
けた発酵なんで、複雑味のある、フランス的エ
レガンスを備えたワインになっています。

品よくまとまった味わいのワインです。

軽めのフード、白カビ系チーズなんかをを合わ
せて、ワインを主役において、じっくり楽しんで
下さいね。

ここでお知らせ!

当店の送料無料の条件は、
@ワイン4本とお米関係5kg
Aワイン単体で12
Bお会計金額が、2万円を超えた場合です。
「あと一本何か、無いかなぁ?」

そんな時は、下のボタンを押してください。

グラスのアイコンは、「赤白で大体の味わい」で
まとめています。ブドウのアイコンは、使われ
いる品種ごとでまとめています。
迷うのが買物の楽みなんて言いますが、欲しい
のが、さっと探せないと、それは、ストレス
ですもんね。

    
    
    
    
    
    
     
     

商品を選んで頂き、レジ精算を済ますせると、
システム上、お住まいの地域に応じて
とりあえず運賃が加算」されてしまいます。

この問題については、
当方より再度運賃を除いた金額を改めてメール
致します。お客様におかれましては、この内容
に沿って処理願います。

クレジットカード決済も同様に
合計金額から、運賃を除いた、商品代金だけを
売上げ処理致しますので、ご安心ください。



お米は、契約農家さんと直接取引です。
大文字屋も同じお米を食べております!


2016年度の記録が、仕上がりました。
一番最初まで、進んで頂くと、2012年
度から見て頂けます。2016年度は、御
盆明けからの好天に恵まれて、取れ高的に
も2015年度より若干多かったとの事で
す。新米を食べてみましたが、例年と変わ
らず、文句なしに美味しいですね。200
3年からのお付き合いの中で、一度も期待
を裏切ることなく、美味しいお米が獲れて
います。

やっぱり、松崎さんと、石橋さんが育てた
こしひかりは、やっぱり美味しいですわ。

サンプル対応は、ワインをご注文の際に、
「3合試食サンプル希望」と摘要欄にコメ
ント下されば、対応致します。

今年も、やっぱり、美味かった。
神吉こしひかり、お召し上がり
くださいませ〜〜

サイトトップページへ