ログインマイアカウント送料支払いについてショッピングガイドお問い合わせカートを見る

  • 0(税込)円
  • 0点
  • カートの中

見て見て、この「スミレ色」、赤ワイン飲みのこころワシヅカミ!!率直にウマイです!梅な赤まろやか 晩酌

ヴィーニャ・ファレルニア サンジョベーゼ 750ml

ヴィーニャ・ファレルニア サンジョベーゼ 750ml

ヴィーニャ・ファレルニア サンジョベーゼ 750ml
商品コード:2460
エルキヴァレー サンジョベーゼ100%
単価:1,200円(税込)
 
 
 
数量

んでからる」キホンです!!
商品画像をタップすると、
  試飲会画像がでますよ〜
☆ザクっ味わい☆
華やかな香りとチャーミングな酸がキュート
 濃厚だけど苦渋味強くなく、
まったり飲みやすい
合わせたい料理は、
トマト味の煮込みや、ミートソースなど
強火で焼いた香ばしい感じのは不適。
下の画像には、クックパッドのレシピへと
リンクが貼ってありますんで、参考にして
下さいね〜

   
 
現行のエチケット(ラベル)は白から黒へ変わっ
ています! このワインとの出会いは、3年前くら
いだろうか、まだまだ、ワインの事をわかってな
いときの、って、
今スゲ〜わかってるみたいですね^^
んな事は、断じてないんですけどね、

まぁ、今よりはるかに「素」の状態で、
先入観なしに試飲してましたね。
/
これ、その3年前くらいのリストです。なんか、
テンション高そうでしょ^^

/
これが、確か去年のリストですね。まぁ、味、
知ってるし、こんなテンション^^

しかし、この1000円台前半と言うより、
税抜き1000円のワインで、このバランス感は、
上手ですよ。インポーターの資料には、すごいコト
書いてますよ!

収穫は、なんと、全量ハンドピッキング、手摘みさ
れていて、全体の半分をオーク樽で5か月熟成させ
てるんですって。

そんなに、チリって人件費安いのかなぁ・・・

率直に美味いと表題にある通り、未熟なブドウを使
って仕込んだ青臭いニュアンスなんて、微塵もない
んですよね。で、この価格帯のワインです、一度に
生産される本数も、それこそ天文学的な本数でしょ
う。

ぶどうが完熟した瞬間を狙いすまして、人海戦術で
収穫しないと上質な果汁は確保できません。

ホント、人の手を感じますね。
実際何人くらい使っての収穫なんでしょうね・・・

グラスに注いで、空気となじむと、甘さを含んだ香
りがしてきます。これは、一次発酵、アルコール発
酵をステンレスタンクで、温度管理しつつ、時間を
かけているからなんです。

発酵に時間がかかった分、ワインに香り成分が多く
残るんですよね。

発酵終了後、果皮、果肉とワインを分離せず色素を
抽出する醸し(かもし)を4〜5日行っているんで、
「赤ワイン飲みの心、ワシヅカミ」の色合いになっ
ているんですね。

口に含めば、噛める?と錯覚するくらいの濃厚さで
す。味わいは、香りの印象を裏切らない赤い果実を
モロに感じさせるブルーベリー?ダークチェリー?
を噛んでいる感じですね

後味に感じる、果皮由来のタンニンに、樽を使って
いる事を「程よく主張」して来るヴァニラ感。

う〜ん上手、やり過ぎ感、無いですよね。

よく、ワインの味わい?雰囲気?で使われる、言葉、
「ジューシー」って、まさに、このワインの味わい
ですね。

果実味があり、それを引き締めるきれいな酸があり、
後味に少しの引っ掛かり、樽のニュアンスですね、
がある。

この引っ掛かり、何かつまみたくなるんですよね^^
まぁ、上手ですわ、このワインは。

ここでお知らせ!

当店の送料無料の条件は、
@ワイン4本とお米関係5kg
Aワイン単体で12
Bお会計金額が、2万円を超えた場合です。
「あと一本何か、無いかなぁ?」

そんな時は、下のボタンを押してください。

グラスのアイコンは、「赤白で大体の味わい」で
まとめています。ブドウのアイコンは、使われ
いる品種ごとでまとめています。
迷うのが買物の楽みなんて言いますが、欲しい
のが、さっと探せないと、それは、ストレス
ですもんね。

    
    
    
    
    
    
     
     

商品を選んで頂き、レジ精算を済ますせると、
システム上、お住まいの地域に応じて
とりあえず運賃が加算」されてしまいます。

この問題については、
当方より再度運賃を除いた金額を改めてメール
致します。お客様におかれましては、この内容
に沿って処理願います。

クレジットカード決済も同様に
合計金額から、運賃を除いた、商品代金だけを
売上げ処理致しますので、ご安心ください。



お米は、契約農家さんと直接取引です。
大文字屋も同じお米を食べております!


2017年度の記録が、仕上がりました。
一番最初まで、進んで頂くと、2012年
度から見て頂けます。

今期の作柄は、春先の低温の影響で、分ケツ
がイマイチだったとの事で、穂の出方も少な
かったようです。

天候ですが、梅雨明け以降、急速に持ち直し
て、少ない穂の実ひとつひとつに養分がしっ
かり溜まったお米が出来てるとの事です。

結果として、樹齢の若いブドウの木から、出
過ぎた房を、果して果汁の凝縮感を上げる
かのように、しっかりした味わいのお米にな
ったみたいです。

また、少ない穂にしっかり養分が詰まってる
んで、例年よりくず米の発生も抑えられて、
トータルで見て、収量は落ちたが、歩留ま
が良好なんで、〆てみて良かったとの事でし
た。

やっぱり、松崎さんと、石橋さんが育てた
こしひかりは、やっぱり美味しいですわ。

サンプル対応は、ワインをご注文の際に、
「3合試食サンプル希望」と摘要欄にコメ
ント下されば、対応致します。

今年も、やっぱり、美味かった。
神吉こしひかり、お召し上がり
くださいませ〜〜

サイトトップページへ