ログインマイアカウント送料支払いについてショッピングガイドお問い合わせカートを見る

  • 0(税込)円
  • 0点
  • カートの中

これは、飲まないと!!見てみて、グラスの色合い!ムラサキ色です! 竹な赤骨太

アイアンストーン プティ・シラー 750ml

アイアンストーン  プティ・シラー 750ml

アイアンストーン プティ・シラー 750ml
商品コード:2506
ロダイ地区 プチ・シラー92%メルロー、ジンファンデル各4%
単価:1,680円(税込)
 
 
 
数量

商品画像をタップすると、
       家呑み画像がでますよ〜
ボトルデザイン、変わっております
☆ザクっ味わい☆
濃厚系果実から吹き出すタンニン。
濃厚果実苦味
   ビターチョコフルボディ。
合わせたい料理は、
直球勝負で、焼肉とすき焼きです。
下の画像は、クックパッドのレシピへとリンク
しておりますんで、参考にして下さいね〜
   

しっかし「プチ」ってよくつけますよね、名前。
「プチ」って響き、どうですか?
体重120kgの、筋肉ムッキムキの男性の
あだ名が、「プチレモン」とかだったら、めっ
ちゃ違和感でしょ?

このワインを飲んだ時の印象を、効率よく、
正確に、わかりやすく、直感的に表現すると、
こんな風にお伝えするのが正しいかなって
思います。

まず、見た目。これ、結構大切ですよね。
グラスに注いで、「これ、プチ???」とい
きなりの違和感です。
「プチ」って言うんだったら、こんなに紫色し
てちゃ、ね。もうちょっと、薄めで、透かすと、
向こうが見えなくちゃ^^

次、香り。
熟した、果実?やや、ヒネたニュアンスも存
在します。ここに、コーヒーやタバコなんか
のニュアンスも。

「プチ」って名乗りたきゃ、イチゴみたいなか
わいらしい酸を、思わせる香りで、熟したとか、
ヒネたとか、タバコとかはイランでしょ^^

最後、味わい。
開く前の果実のニュアンスは、まぁ、シラーで
すよ、これは、果実味が前に出た感じの、違
和感のないものです。でも、全然「プチ」って
感じぢゃないですね^^

だって、エゲツなく「濃い」んですから。

スワリング少々で、ワインが空気と触れ合い
ますと、湧き上がってきます。オヤクソクの渋
が。正直、初心者が入り口のワインとして考え
たら、向いてないでしょうね。

ですから、さんざん強烈なのを飲んで、タンニン
の免疫がついてる方にのみオススメできますね。
かなり骨太です。

ただ、充分「美味しいポイント」を押さえておりま
して、「美味い渋」と表現して問題ないと考えます。
ここは、大文字屋なりに、慎重に判断しております。

合わせる料理で、最右翼なのは、表面を焦がす
くらい強く焼いた牛ロース。表面は、強く焼きます
が、中身はレアで。味付けは、シンプルに、岩塩+
黒胡椒。

ワインの渋がたってきた瞬間に、赤身の旨味を噛
みしめれば、「ナルホド!」とパズルがはまります。

全然「プチ」じゃないんですが、プチ・シラー、
印象深いワインですね。

/
この画像は、ワイン通販.COMのお客様が、こんな
感じに食べましたよ〜と送って下さった画像です。
サービスのパンと合わせて下さいました。
パンもワインも美味しかったと聞いて、ホッと^^
また、オイシイの焼かせてもらいますね〜

ここでお知らせ!

当店の送料無料の条件は、
@ワイン4本とお米関係5kg
Aワイン単体で12
Bお会計金額が、2万円を超えた場合です。
「あと一本何か、無いかなぁ?」

そんな時は、下のボタンを押してください。

グラスのアイコンは、「赤白で大体の味わい」で
まとめています。ブドウのアイコンは、使われ
いる品種ごとでまとめています。
迷うのが買物の楽みなんて言いますが、欲しい
のが、さっと探せないと、それは、ストレス
ですもんね。

    
    
    
    
    
    
     
     

商品を選んで頂き、レジ精算を済ますせると、
システム上、お住まいの地域に応じて
とりあえず運賃が加算」されてしまいます。

この問題については、
当方より再度運賃を除いた金額を改めてメール
致します。お客様におかれましては、この内容
に沿って処理願います。

クレジットカード決済も同様に
合計金額から、運賃を除いた、商品代金だけを
売上げ処理致しますので、ご安心ください。



お米は、契約農家さんと直接取引です。
大文字屋も同じお米を食べております!


2017年度の記録が、仕上がりました。
一番最初まで、進んで頂くと、2012年
度から見て頂けます。

今期の作柄は、春先の低温の影響で、分ケツ
がイマイチだったとの事で、穂の出方も少な
かったようです。

天候ですが、梅雨明け以降、急速に持ち直し
て、少ない穂の実ひとつひとつに養分がしっ
かり溜まったお米が出来てるとの事です。

結果として、樹齢の若いブドウの木から、出
過ぎた房を、果して果汁の凝縮感を上げる
かのように、しっかりした味わいのお米にな
ったみたいです。

また、少ない穂にしっかり養分が詰まってる
んで、例年よりくず米の発生も抑えられて、
トータルで見て、収量は落ちたが、歩留ま
が良好なんで、〆てみて良かったとの事でし
た。

やっぱり、松崎さんと、石橋さんが育てた
こしひかりは、やっぱり美味しいですわ。

サンプル対応は、ワインをご注文の際に、
「3合試食サンプル希望」と摘要欄にコメ
ント下されば、対応致します。

今年も、やっぱり、美味かった。
神吉こしひかり、お召し上がり
くださいませ〜〜

サイトトップページへ