ログインマイアカウント送料支払いについてショッピングガイドお問い合わせカートを見る

  • 0(税込)円
  • 0点
  • カートの中

試飲リストに踊る「ド☆ナイス」の文字! 竹な白辛口

フジッコワイナリー 甲州 シュール・リー 720ml

フジッコワイナリー 甲州 シュール・リー 720ml

フジッコワイナリー 甲州 シュール・リー 720ml
商品コード:2661
山梨県 甲州100%
単価:1,620円(税込)
 
 
 
数量

「飲んでから売る」がキホンです!!


商品画像にカーソルをあわせると、試飲会画像がでますよ〜


読みにくいと思いますが、
↓はりきって、どうぞ!↓


「飲んでから売る」が基本です!と、鼻息も荒く書いている通り、
このワインも試飲会で、飲んでから仕入れております。

過去には、価格とセパージュだけで仕入れて、
すべて自家消費の憂き目にあったワイン、けっこうあるんですよね。
だって、美味しくないのって、売れませんよ。
なんでって、お客さんは、サイトに上がってる情報しか知らないんだし、
前に買って、飲んでみて美味しかったから、今回も美味しいであろうと
信用して買って頂いてると思うんですよね。
実は、これが一番大事なんですよね。

「フジッコ」と聞いて普通ならお豆さんや、佃煮の会社と思うでしょ^^
正解なんですよ^^そのフジッコのワイナリー部門なんですから。
ちょっと意外でしょ^^でも、同じ食にまつわることだもんね。

さて、甲州ぶどうを使ってシュール・リー製法で作ると、
美味しくないワインなんて、出来るはずがない、
鉄板の公式なんですから^^
そうそう、シュール・リーって
石川さおりの曲じゃないですよ^^ワインの醸造法です。
通常、搾汁したブドウ果汁が、ワイン酵母でアルコール発酵したら、
果皮、果肉や、ワイン酵母の死骸なんかで構成される「澱」(オリ)を
「澱引き」してワインから分離しないと、硫化水素臭がワインに移って、
大変なことになるんですよ。
特にスッキリを美徳とするドイツワインなんかは、
アルコール発酵が終われば、即座に澱引きされますね。
シュール・リー製法とは、硫化水素臭を発する澱と、
あえてワインを長時間触れ合わせています。
もともと、澱とは、菌類の集合体でして、一定の時間が経過すると、
澱が「自己分解」してアミノ酸に変化して行くんです。
そう、いわゆる旨味成分のアミノ酸になるんです。
これをワインに乗せちゃう製法が「シュール・リー」なんです。
元々は、フランスは、ロワール地方はミュスカデ地区の、
あっさりした味わいの「ムロン・ド・ブルゴーニュ」って品種が
使われる白ワインの「旨味をいかにして増やすか?」と言う命題を
解決した製法なんです。澱をアミノ酸に変えて、
やっと旨味の乗ったワインになったミュスカデ地区の白ワインに対し、
もとから、そこそこ分厚い旨味の甲州で出来たワインを
さらに分厚くしてるんですよね。そりゃうまくなるはずですよ^^
冷たいと、ミネラルの苦渋がちゃんとあるんで、
唾液腺が刺激され、食欲のスイッチが入りますね。
口の中でワインの温度が上がると、ミネラルがほどけて、
柑橘の酸味と旨味が出てきます。
さらに温度が上がると、起爆装置が作動したような勢いで、
グレープフルーツ果汁から「完全に苦味と渋味を抜き去った」ような
分厚い旨味を感じるんです。
なんともボリュームを感じる分厚い旨味なんですよね。

飲めば、きっと言っちゃうでしょう「ド☆ナイス」と^^


ここでお知らせ!

当店送料無料の条件は、

ワイン4本とお米関係5kg同梱と、
ワイン12本、
お会計金額2万円超です。

絶対日本で一番送料無料に持ち込みやすいサイトですよん^^
ま、色々考えて見て下さいな^^

赤白それぞれ、大体の価格帯と味わいでまとめてます。
あと一本何かあれば、送料無料って時に活用ください。

↓グラスの画像がリンクになってます!↓

   

   

   

   



ワイン売るなら、料理とパン焼きは必須ですよね〜
大文字屋の最近の趣味は、もっぱら、料理とパン焼きです。
ワインって、絶対、料理と絡めないと、
オモシロさ半減ですよね^^


商品を選んで頂き、レジ精算を済ますせると、
システム上、お住まいの地域に応じて
「とりあえず運賃が加算」されてしまいます。

この問題については、
当方より再度運賃を除いた金額を改めてメール致します。
お客様におかれましては、この内容に沿って処理願います。

クレジットカード決済も同様に
合計金額から、運賃を除いた、商品代金だけを
売上げ処理致しますので、ご安心ください。


2015年度の記録が、仕上がりました。
一番最初まで、進んで頂くと、2012年度から見て頂けます。
2015年度は、前の年の2014年度と同じような推移でした。
作柄は、やや減産とのことです。
ざっくりと状況を説明すると、、7月中旬までは、
全ての条件が良かったんですよね。
ことしは、もしかすると、豊作??なんて話してました。
一番記憶に残ってるのは、梅雨の明け方でしょうか。
ホント、祇園祭の巡航が近づいた途端、
ピタッと雨が止んだんですよね。
ホント、鮮やかに梅雨明け。そんな感じでした。
日照時間と、気温もお盆までは、ホント順調に暑かったもんなぁ〜
でもでも、お盆が空けた途端に、曇りの日が続くんですよね〜
最後の3週間だけが、天候不良だったんですよ。
最後の方に、雨も降ってましたよね。
例年なら、カラッと乾いた田んぼで稲刈りをしてるんですが、
今年は、ぬかるんだ田んぼで稲刈りでした。
と、イマイチな話で生育記録は終わるんですが、
実際獲れた新米を、精米して、
松崎さんが作ったお米と、石橋さんのお米を
半々でミックスして炊飯してみたら、
例年通りの美味しい、神吉こしひかりでした。
2003年からのお付き合いですが、
一度も期待を裏切ることなく、美味しいお米が獲れています。

サンプル対応は、ワインをご注文の際に、
「3合試食サンプル希望」と摘要欄に
コメント下されば、対応致します。

今年も、やっぱり、美味かった。
神吉こしひかり、お召し上がりくださいませ〜〜

サイトトップページへ