ログインマイアカウント送料支払いについてショッピングガイドお問い合わせカートを見る

  • 0(税込)円
  • 0点
  • カートの中

やっぱり「島のシラーズ」は、いいですよね〜 スパイシーです。 竹な赤骨太

ディモーレ ディ ジュルフォ アラキ シラーズ 750ml

ディモーレ ディ ジュルフォ アラキ シラーズ 750ml

ディモーレ ディ ジュルフォ アラキ シラーズ 750ml
商品コード:2783
シチリア シラーズ100%
単価:1,500円(税込)
 
 
 
数量

商品画像をタップすると、
       試飲会画像がでますよ〜
☆ザクっ味わい☆
濃厚系果実から湧き出すタンニン。
濃厚果実と苦味でビターチョコなフルボディ。
合わせたい料理は、直球勝負で、
焼肉とすき焼きです。下の画像にクックパッド
のレシピへのリンクを貼っていますんで、参考
にしてくださいね〜
           
 
           

地図でシチリア島を見てみる と、
地中海のほぼ中央に位置します。いかにも地中海
性気候なんですよね。そう、カラッとしてて、温
暖で、太陽燦々。そんな環境なんですよね。

地中海性気候なんで、
盛夏の日差しは、ジリジリと肌を刺すような強さを
感じます。サンオイルを塗れば、即、真っ黒け。そ
んな感じですね。

そんな温暖な、いや、ある意味ブドウには過酷な環
境を好む?シラーズは、そんな品種なんですよ。

一般論として、ワイン用のブドウは、果肉より果皮の
比率が高い方がいいんです。なぜなら、果皮のニュア
ンスである、ミネラル分や、油脂分、タンニン分、こ
れらがワインの味わいを決めていくからです。

果肉は、どちらかと言うと、邪魔で、搾汁した果汁の
上澄みを吸い上げて、果皮の比率を上げてエキス分の
高い果汁とする「セニエ」と言う作業が、寒い地域で
出来るワインには欠かせません。

↓↓これが、完熟したシラーズの房です↓↓
/
なんだかジューシな果汁が、タップリ的な^^
でも、シラーズって実は、物凄く果皮が分厚くて、
大粒に見えても、果肉の占める割合は少ないんで
すよね。強い日差しに、日焼けすることなく、骨
太なタンニンを生成してくれます。

ワインのボトルをタップしてもらうと試飲会画像
が見て頂けますが、見事な赤紫色に、赤ワイン好
きな大文字屋の心もワシヅカミ^^

グラスから香る、白胡椒を思わせるスパイシーな
香りもいいですよね。

注いで即を口に含めば、シラーズのオヤクソク、
濃厚果実がお出迎えです。

ここからワインが空気と触れ合って「開いて」く
ると、これまた、シラーズのオヤクソク、骨太タ
ンニンがグワッ!と湧き上がってきます。

このワインのそれは、骨太ですが、実にコントロー
ルされたタンニンですね。

「心地よい苦渋味」で見事に安定してくれます。

こんなシラーズに合わせるなら、ジュウジュウ言って
る牛肉に、黒胡椒ガリガリ+岩塩パラリ。シンプルに
牛脂の甘さを楽しむのも正解ですね。

あとは、カレー風味で味付けされたトリッパとか。
別に牛の胃袋が無くても、ミックスホルモンのタレを
洗い流して、湯通しして、トマト風味で煮込み、アク
セントにカレーパウダーを効かせる。

スパイシーなワインのニュアンスと
カレー風味が、合わない訳がない^^

シラーズ、美味しいですよね^^
付加疑問です。
だって、試飲して
美味しかったから仕入れてるんだし。

ここでお知らせ!

当店の送料無料の条件は、
@ワイン4本とお米関係5kg
Aワイン単体で12
Bお会計金額が、2万円を超えた場合です。
「あと一本何か、無いかなぁ?」

そんな時は、下のボタンを押してください。

グラスのアイコンは、「赤白で大体の味わい」で
まとめています。ブドウのアイコンは、使われ
いる品種ごとでまとめています。
迷うのが買物の楽みなんて言いますが、欲しい
のが、さっと探せないと、それは、ストレス
ですもんね。

    
    
    
    
    
    
     
     

商品を選んで頂き、レジ精算を済ますせると、
システム上、お住まいの地域に応じて
とりあえず運賃が加算」されてしまいます。

この問題については、
当方より再度運賃を除いた金額を改めてメール
致します。お客様におかれましては、この内容
に沿って処理願います。

クレジットカード決済も同様に
合計金額から、運賃を除いた、商品代金だけを
売上げ処理致しますので、ご安心ください。



お米は、契約農家さんと直接取引です。
大文字屋も同じお米を食べております!


2017年度の記録が、仕上がりました。
一番最初まで、進んで頂くと、2012年
度から見て頂けます。

今期の作柄は、春先の低温の影響で、分ケツ
がイマイチだったとの事で、穂の出方も少な
かったようです。

天候ですが、梅雨明け以降、急速に持ち直し
て、少ない穂の実ひとつひとつに養分がしっ
かり溜まったお米が出来てるとの事です。

結果として、樹齢の若いブドウの木から、出
過ぎた房を、果して果汁の凝縮感を上げる
かのように、しっかりした味わいのお米にな
ったみたいです。

また、少ない穂にしっかり養分が詰まってる
んで、例年よりくず米の発生も抑えられて、
トータルで見て、収量は落ちたが、歩留ま
が良好なんで、〆てみて良かったとの事でし
た。

やっぱり、松崎さんと、石橋さんが育てた
こしひかりは、やっぱり美味しいですわ。

サンプル対応は、ワインをご注文の際に、
「3合試食サンプル希望」と摘要欄にコメ
ント下されば、対応致します。

今年も、やっぱり、美味かった。
神吉こしひかり、お召し上がり
くださいませ〜〜

サイトトップページへ