ログインマイアカウント送料支払いについてショッピングガイドお問い合わせカートを見る

  • 0(税込)円
  • 0点
  • カートの中

幾重にも重なる香りと味わい!エレガントなワインです。  松な赤まろやか

オーボンクリマ ピノノワール 椿ラベル 750ml

オーボンクリマ  ピノノワール  椿ラベル 750ml

オーボンクリマ ピノノワール 椿ラベル 750ml
商品コード:3032
カリフォルニア ピノノワール100%
単価:2,784円(税込)
 
 
 
数量

んでからる」キホンです!!
商品画像をタップすると、
                 家呑み会画像が出ます。
☆ザクっ味わい
幾重にも重なった香りの成分に感動!
ブドウの果皮のミネラルと果実の味わいが、
芳醇な紅茶の旨味へ昇華します。          
きわめてブルゴーニュ的オイシサです。
合わせたい料理は、
トマト味の煮込みや、ミートソースなど
煮込みハンバーグなんかの甘辛い味付け。
バゲットにブルーチーズ←シンプルでサイコ〜
強火で焼いた香ばしい感じのは不適。
ワインの良い所が隠れます。 
下の画像は、クックパッドのレシピへとリンク
しておりますんで、参考にして下さいね〜

   

   


このワインは、当店の料飲店のお得意先、
じじばばDOS  さんからの要請で、オーボンクリ
マを探してほしいとの事で、当店にしては、少し
珍しい3000円ちかい価格のワインが品ぞろえに
加わりました。

じつは、このお店のワインは全部当店が納品し
てまして、メニュー作成も当店担当なんですよ。

なかなかディープな紹介記事がのっていますん
で、読んでみてください。

さて、テイスティングコメントです。
グラスに注いでの印象は、ややおさえたトーンの
スミレ色です。これが、実にエレガントな印象です
ね。ホントは、もっとピューレ的な、粘度を感じる
濁った色じゃない?って思ってました。

グラスをそのままで、まずは、香りのチェックです。

少しスワリングをすると、まるで、解き放たれたか
のような勢いで、グラスから少しの未熟さを感じる
エレガントなさくらんぼの香りが、ふわ〜〜っと広
がります。

「少しの青さを感じる」←これこそがエレガントな
演出ですね。ここにバラっぽい赤い花の香りも
絡んできます。そう、単純にチェリーとか、花の
ではない,幾重にも重なったニュアンスが、な
んともゴージャスで、フランス的なんですね。

口に含むと、鼻へ抜ける香り、これが、もう、タ
マラン^^

味わいとしては、果皮のミネラルを適度に感じ、
果実の酸と甘さをまとめている、そんな印象で
す。そう、やや硬いスモモをガリっとかじった、
そんな印象ですね。

口の中でワインの温度が上がってくると、最初
の果皮のミネラルがじんわりほどけ芳醇な紅茶
の渋を思わせる味わいが広がります。

それと並行して、ごく微量に感じる熟成に使われた
樽材の苦味と果実の甘さが絡んで、バニラのニュ
アンスがふんわり感じられます。

ワインを飲み込んで、長い余韻を楽しんで、
しばらくすると、ミネラルがじんわり戻ってきて
お口の中をリセットしてくれます。

これ、しみじみ美味いですわ。
ここでお知らせ!

当店の送料無料の条件は、
@ワイン4本とお米関係5kg
Aワイン単体で12
Bお会計金額が、2万円を超えた場合です。
「あと一本何か、無いかなぁ?」

そんな時は、下のボタンを押してください。

グラスのアイコンは、「赤白で大体の味わい」で
まとめています。ブドウのアイコンは、使われ
いる品種ごとでまとめています。
迷うのが買物の楽みなんて言いますが、欲しい
のが、さっと探せないと、それは、ストレス
ですもんね。

    
    
    
    
    
    
     
     

商品を選んで頂き、レジ精算を済ますせると、
システム上、お住まいの地域に応じて
とりあえず運賃が加算」されてしまいます。

この問題については、
当方より再度運賃を除いた金額を改めてメール
致します。お客様におかれましては、この内容
に沿って処理願います。

クレジットカード決済も同様に
合計金額から、運賃を除いた、商品代金だけを
売上げ処理致しますので、ご安心ください。



お米は、契約農家さんと直接取引です。
大文字屋も同じお米を食べております!


2017年度の記録が、仕上がりました。
一番最初まで、進んで頂くと、2012年
度から見て頂けます。

今期の作柄は、春先の低温の影響で、分ケツ
がイマイチだったとの事で、穂の出方も少な
かったようです。

天候ですが、梅雨明け以降、急速に持ち直し
て、少ない穂の実ひとつひとつに養分がしっ
かり溜まったお米が出来てるとの事です。

結果として、樹齢の若いブドウの木から、出
過ぎた房を、果して果汁の凝縮感を上げる
かのように、しっかりした味わいのお米にな
ったみたいです。

また、少ない穂にしっかり養分が詰まってる
んで、例年よりくず米の発生も抑えられて、
トータルで見て、収量は落ちたが、歩留ま
が良好なんで、〆てみて良かったとの事でし
た。

やっぱり、松崎さんと、石橋さんが育てた
こしひかりは、やっぱり美味しいですわ。

サンプル対応は、ワインをご注文の際に、
「3合試食サンプル希望」と摘要欄にコメ
ント下されば、対応致します。

今年も、やっぱり、美味かった。
神吉こしひかり、お召し上がり
くださいませ〜〜

サイトトップページへ