ログインマイアカウント送料支払いについてショッピングガイドお問い合わせカートを見る

  • 0(税込)円
  • 0点
  • カートの中

最後の一杯のワインの色がオレンジ色に。澱も味わいのうちですよ〜

タケダワイナリー シードル 750ml

タケダワイナリー シードル 750ml

タケダワイナリー シードル 750ml
商品コード:3106
山形県 県内産リンゴ100%
単価:1,923円(税込)
 
 
 
数量

商品画像にカーソルをあわせると家呑み画像がでます
ザクっ味わい→キンキンに冷たくして下さい!
    一番原始的な泡モノづくりのやり方で、
     実は、瓶内で発酵が継続してるんで、     
     ワインが冷たくても、吹きこぼれます!
 口に入った瞬間のリンゴ酸の辛さがカッコイイ!
DRYさへビシッと舵を切った味付け、ナイスです!  
      ☟レシピサイトへリンクしています
   
たこ焼き                               アヒージョ各種

  
この日のたこ焼きにかけたソース類は、
お好み焼きソースにマヨネーズを加えたものです。
このシードルの特徴は、ウチのもう1つのシードル
弘前シードル工房のKIMORIシードルに比べて
明らかにドライである事ですね。口に含んだ瞬間の
リンゴ酸の刺激が痛快です。
鼻に抜ける完熟林檎の香りも爽やかですね。
ソースの甘辛とマヨネーズのコク感、
たこ焼きの脂感とタコの旨味なんかと絡むと、
美味しさが広がりますね。
そうそう、大事なコト、抜けてます!
この商品は、王冠で栓がされてまして、
栓抜きでプシュっと開けた2〜3秒あとに、
炭酸が「ぐわわ〜〜〜」っと湧き出して、
必ず吹きこぼれます。
これは、搾った果汁を瓶詰めして、瓶内で発酵させる
一番原始的なスパークリングワインを作る方法だからです。
ちなみに、瓶の中では発酵が継続してるんですよ。
栓を抜いて、瓶内の気圧が下がると、気圧が高い状態から
瞬間的に気圧がさがって、ワインの中に溶けていた炭酸が、
ぐわわ〜〜っと噴き出すんです。
 なので、抜栓時は、
少しだけ開けて「プシュ」と言わせたら、
流しに急行して下さい。
瓶内で炭酸が「ぐわわ〜〜〜」と発生して、
少しだけ開けた王冠の隙間から吹き出ます。
もし完全に王冠を抜いて流しに持って行くと、
中身まで溢れ出すんで、ご注意下さい。
「少しだけ栓を開けて流しへ急行」
         ↑めっちゃ大事です。↑
このワインもですが、ウチのシードルは、
一切濾過してない濁りタイプです。
底には澱がしっかり溜まってます。
この澱が味わいの幅を感じる要素でもあります。
ボトルの底に沈殿した澱が、ワインの残り最後に
グラスに出てきます。まさに一番濃いところ^_^
グラスを見ての通りの、濃厚な味わいのワインです。
しかし、ドライなので、キレが良く、
口の中が甘ったるくダレないので、
次のたこ焼きが進むススム^_^
KIMORIシードルとの飲み比べ、楽しそうです。
これは、コレ、それは、ソレですけどね^_^

家飲みしてる様子は、こちら〜

KIMORIシードル←在庫ラスト1本です。
在庫の復活は、2末〜3初旬予定です。

ここでお知らせ!
当店の送料無料の条件は、
@ワイン4本とお米関係5kg
Aワイン単体で12
Bお会計金額が、2万円を超えた場合です。
「あと一本何か、無いかなぁ?」←送料無料アルアル

そんな時は、下のボタンを押してください。

グラスのアイコンは、「赤白で大体の味わい」でまとめています。
ブドウのアイコンは、使われている品種ごとでまとめています。
迷うのが買物の楽みなんて言いますが、欲しいものが、さっと
探せないと、それは、ストレスですもんね。

押せば解決!
    
    
    
    
    
    
     
     

商品を選んで頂き、レジ精算を済ますせると、
システム上、お住まいの地域に応じて
とりあえず運賃が加算」されてしまいます。

この問題については、
当方より再度運賃を除いた金額を改めてメール致します。
お客様におかれましては、この内容に沿って処理願います。


クレジットカード決済も同様に
合計金額から、運賃を除いた、商品代金だけを
売上げ処理致しますので、ご安心ください。

(送料について詳しくはこちら)リンク張ってます。


お米は、契約農家さんと直接取引です。
大文字屋も同じお米を食べております!


2016年度の記録が、仕上がりました。
一番最初まで、進んで頂くと、2012年度から見て頂け
ます。2016年度は、御盆明けからの好天に恵まれて、
取れ高的にも2015年度より若干多かったとの事です。
新米を食べてみましたが、例年と変わらず、文句なしに
味しいですね。2003年からのお付き合いの中で、一
も期待を裏切ることなく、美味しいお米が獲れています。

やっぱり、神吉のお米は、いや、松崎さんと、石橋さんが
育てたこしひかりは、美味しいですわ。

サイトトップページへ