ログインマイアカウント送料支払いについてショッピングガイドお問い合わせカートを見る

  • 0(税込)円
  • 0点
  • カートの中

大文字屋が初めて仕入れたワイン鴨?? 美味いモンは、ウマイ^^ 晩酌

トートワーズクリーク メルロー+カベ・ソー 750ml

トートワーズクリーク メルロー+カベ・ソー 750ml

トートワーズクリーク メルロー+カベ・ソー 750ml
商品コード:3926
ラングドック&ルシオン メルロー+カベ・ソー
単価:1,200円(税込)
 
 
 
数量

飲んでから売る
がキホンです!!

商品画像にカーソルをあわせると、
        家呑み画像がでますよ〜

読みにくいと思いますが、はりきって、どうぞ!

「飲んでから売る」が基本です!と、鼻息も荒く書いている通り、
このワインも、飲んでから仕入れております。

過去には、価格とセパージュだけで仕入れて、
すべて自家消費の憂き目にあったワイン、けっこうあるんですよね。
だって、美味しくないのって、売れませんよ。
なんでって、お客さんは、サイトに上がってる情報しか知らないんだし、
前に買って、飲んでみて美味しかったから、今回も美味しいであろうと
信用して買って頂いてると思うんですよね。
実は、これが一番大事なんですよね。

ホント、懐かしい感、高めです。
大文字屋が、酒屋専業になった2001年からあったような気がします。
初めて仕入れたワクィンかも知れません。
そのころの印象は、濃厚な落ち着いた味わいのワインでしたね。
エチケットに「UN FILTERD」の文字があるように、
無濾過で瓶詰めさてるのが良く解る濃厚な味わいだったと記憶しています。
その頃を思い出しつつ、
スクリューキャップに変わったこのワインの栓を開けます。
グラスに注いで、なんとも挑戦的な青紫色をしたワインに
ちょっとビックリです。こんな色だったっけ??
香りは、酸を含んだ甘い香りがします。
少し土っぽいニュアンスも感じるのは、
メルローが含まれてるからですね。
グラスに注いで即を口に含みます。
なかなかの収斂した酸が存在しますね。
ちょっと、フランスを感じさせるエレガンスです。
タンニンとは、少し異質なミネラルの苦渋も感じます。
なかなか、味わい構成が複雑になってます。
口の中でワインの温度が上がると、収斂した酸が、
果皮を感じさせるタンニンへ変化します。
こんなタンニンの印象のちょっと荒っぽいのが、
大文字屋は好みだったりします^^

上品な、シルキーなタンニンもいいでしょう。
それは、それ、これは、コレですよ^^

ワインをグラスの中で空気と触れ合わせて、開かせて行くと、
この価格にしては、ちょっと時間がかかりますが、
約2分で果皮を感じさせるタンニンは、
芳醇な紅茶を思わせる渋へ、
収斂した酸味やミネラルは、
柔らかな赤い果実を思わせる、
果実本来の甘さへ変化しています。

商品画像にカーソルを合わせて出てくる デミ+ステーキ もいいんですが

/

こんがり、油がパチパチいってそうな
焼きたての餃子 を合わせるのもナイスですよ〜
ワインが、まだ開ききってない状態の、
ミネラルの苦渋が感じられる時の味わいに、
ニンニクや、豚肉の脂の旨味がビタっ!と合うんです。
おうちで作るなら、休みの前の日限定で、
思い切ってニンニク大量投入の餃子を
是非、ゼヒ、合わせてください。
きっと、新しいワインの扉、開きますよ〜

ここでお知らせ!

当店の送料無料の条件は、
@ワイン4本とお米関係5kg
Aワイン単体で12
Bお会計金額が、2万円を超えた場合です。
「あと一本何か、無いかなぁ?」

そんな時は、下のボタンを押してください。

グラスのアイコンは、「赤白で大体の味わい」で
まとめています。ブドウのアイコンは、使われ
いる品種ごとでまとめています。
迷うのが買物の楽みなんて言いますが、欲しい
のが、さっと探せないと、それは、ストレス
ですもんね。

    
    
    
    
    
    
     
     

商品を選んで頂き、レジ精算を済ますせると、
システム上、お住まいの地域に応じて
とりあえず運賃が加算」されてしまいます。

この問題については、
当方より再度運賃を除いた金額を改めてメール
致します。お客様におかれましては、この内容
に沿って処理願います。

クレジットカード決済も同様に
合計金額から、運賃を除いた、商品代金だけを
売上げ処理致しますので、ご安心ください。



お米は、契約農家さんと直接取引です。
大文字屋も同じお米を食べております!


2017年度の記録が、仕上がりました。
一番最初まで、進んで頂くと、2012年
度から見て頂けます。

今期の作柄は、春先の低温の影響で、分ケツ
がイマイチだったとの事で、穂の出方も少な
かったようです。

天候ですが、梅雨明け以降、急速に持ち直し
て、少ない穂の実ひとつひとつに養分がしっ
かり溜まったお米が出来てるとの事です。

結果として、樹齢の若いブドウの木から、出
過ぎた房を、果して果汁の凝縮感を上げる
かのように、しっかりした味わいのお米にな
ったみたいです。


また、少ない穂にしっかり養分が詰まってる
んで、例年よりくず米の発生も抑えられて、
トータルで見て、収量は落ちたが、歩留ま
が良好なんで、〆てみて良かったとの事でし
た。

やっぱり、松崎さんと、石橋さんが育てた
こしひかりは、やっぱり美味しいですわ。

サンプル対応は、ワインをご注文の際に、
「3合試食サンプル希望」と摘要欄にコメ
ント下されば、対応致します。

今年も、やっぱり、美味かった。
神吉こしひかり、お召し上がり
くださいませ〜〜


サイトトップページへ