ログインマイアカウント送料支払いについてショッピングガイドお問い合わせカートを見る

  • 0(税込)円
  • 0点
  • カートの中

冷たい時のミネラリーな切れ味から温度の上昇に呼応する味わいと香りの変化が楽しいです! 梅な白辛口

サンタアリシア ソービニオンブラン レゼルヴァ 750ml

サンタアリシア ソービニオンブラン レゼルヴァ 750ml

サンタアリシア ソービニオンブラン レゼルヴァ 750ml
商品コード:431A
マイポヴァレー ソービニオンブラン100%(ソー・ブラ)
単価:1,100円(税込)
 
 
 
数量

商品画像をタップると、
     試飲会画像がでますよ〜
☆ザクっ味わい☆
キンキンに冷たくして下さい!
ワインが冷たいと、適度なミネラルの苦渋が、
唾液腺を刺激して食欲がわきます。
温度が上がリ始めると、
      シトラス香が弾けます!    
柑橘系で美味しいワインです!

下の画像にはクックパッドのレシピへのリンク
を貼ってますんで参考にして下さいね〜
      

     

このワインを初めて試飲会で飲んだ時の印象は、
鮮烈でしたね。試飲会リストにも
「超大ヒット!」と書いていますね^^
ホント、大ヒットですヨ、コレ。

さて、このワインを飲んで頂くに当たり、
必ずお願いしたいのが、とにかく冷たく冷やす
事です。

赤ワインは、基本、常温でサーヴされ、
空気となじむ事で、
味わいや、香りの変化を楽しむんですが、

白ワインは、温度の変化と味わい、香りの変化
が連動しているんです。
ですから、始めから温度の高い状態だと、
温度の上昇と連動する味わいの変化が楽しめな
いんです。これは、もったいないですよ^^

さて、サンタのソーブラですが、温度が低いと、
硬水を思わせるミネラル感ですね。
もっと平たく言うなら、湧き出す石清水に洗わ
れた石英の小石を口に入れた感覚・・・

全然平たくないですね^^

ワインが冷たいと、ミネラルなんですが、温度
が上がると、香りはライチを思わせる少しだけ
南をイメージさせるものになり、味わいも、青
りんごを思わせるシャープな酸が爽やかです。

シャルドネが、樽を使って味わいの厚みをつけ
ているのに対しこのワインは、樽を使わずに味
わいの厚みをつけているんです。

これは、「シュールリー」と呼ばれる手法で、
アルコール発酵が終了した後も果皮、果肉、酵
母なんかをワインと触れ合わせた状態にしてお
きます。

初めのうちは、ワインに硫化水素臭がついたり
するんですが、3か月を境に、菌類の集合体で
ある澱が自己分解し、アミノ酸へ変化しワイン
の味わいに厚みを持たせているんです。この手
法が「シュール・リー」と呼ばれるものです。

温度が、上がってたってくる
ライチの香りにも、心奪われますね^^
青りんごを思わせるシャープな酸味も爽やかで、
これまた、美味しくて悶絶ですワ・・・

ここでお知らせ!

当店の送料無料の条件は、
@ワイン4本とお米関係5kg
Aワイン単体で12
Bお会計金額が、2万円を超えた場合です。
「あと一本何か、無いかなぁ?」

そんな時は、下のボタンを押してください。

グラスのアイコンは、「赤白で大体の味わい」で
まとめています。ブドウのアイコンは、使われ
いる品種ごとでまとめています。
迷うのが買物の楽みなんて言いますが、欲しい
のが、さっと探せないと、それは、ストレス
ですもんね。

    
    
    
    
    
    
     
     

商品を選んで頂き、レジ精算を済ますせると、
システム上、お住まいの地域に応じて
とりあえず運賃が加算」されてしまいます。

この問題については、
当方より再度運賃を除いた金額を改めてメール
致します。お客様におかれましては、この内容
に沿って処理願います。

クレジットカード決済も同様に
合計金額から、運賃を除いた、商品代金だけを
売上げ処理致しますので、ご安心ください。



お米は、契約農家さんと直接取引です。
大文字屋も同じお米を食べております!


2016年度の記録が、仕上がりました。
一番最初まで、進んで頂くと、2012年
度から見て頂けます。2016年度は、御
盆明けからの好天に恵まれて、取れ高的に
も2015年度より若干多かったとの事で
す。新米を食べてみましたが、例年と変わ
らず、文句なしに美味しいですね。200
3年からのお付き合いの中で、一度も期待
を裏切ることなく、美味しいお米が獲れて
います。

やっぱり、松崎さんと、石橋さんが育てた
こしひかりは、やっぱり美味しいですわ。

サンプル対応は、ワインをご注文の際に、
「3合試食サンプル希望」と摘要欄にコメ
ント下されば、対応致します。

今年も、やっぱり、美味かった。
神吉こしひかり、お召し上がり
くださいませ〜〜

サイトトップページへ