ログインマイアカウント送料支払いについてショッピングガイドお問い合わせカートを見る

  • 0(税込)円
  • 0点
  • カートの中

ピリッとスパイシーです。この印象は、忘れられない! 松な白辛口 タマネギ

クラウディベイ ソービニオンブラン 750ml

クラウディベイ ソービニオンブラン 750ml

クラウディベイ ソービニオンブラン 750ml
商品コード:516
マールボロウ地区 ソービニオンブラン100%(ソー・ブラ)
単価:2,980円(税込)
 
 
 
数量

商品画像にカーソルをあわせると、試飲会画像がでますよ〜
ザクっ味わい→キンキンに冷たくして飲み始めて下さい!
      ワインが冷たいと、ミネラルの苦渋が、
           唾液腺を刺激して食欲がわきます。
      温度が上がリ始めると、
        柑橘にレモングラスの風味が混ざります。   
        ↓↓クックパッドのレシピへリンクしています↓↓    
山菜の天婦羅                               エビとグレープフルーツのサラダ






皆さんの「旨いソーブラ」の基準って、
どんな味わいですか?

アルコール発酵が終わり、
ワインを熟成させて行く方法って
大きく分けて、
木で出来た樽を使うウッドと
ステンレスタンクなんかの木材で出来た樽を使わない
アン・ウッドになると思います。
シャルドネは、ウッドが多いんですが、
ソーブラは、サンセールの一部の生産者を除いて
ほぼ、アン・ウッドなんですね。
図太い香味成分であるシャルドネは、
ある意味「味の引き算」である酸化をさせる事で
味わいのバランスを取っていくのに対し
成分的にもシャルドネに比べて繊細なソーブラは、
アミノ酸の「味を乗せる」「足し算」でないと、
今までだと、普通は破たんするんですけどね^^
この生産者も、まわりから白い目で見られたそうです。
フランスなんで、リアルに白っぽい人、いますしねぇ〜〜
まぁ、どうでもイイデスカ・・・

このクラウディベイも、ステンレスタンクで熟成されてます。
樽熟成だと、天然木由来の微細な隙間から
ワインが呼吸をして酸化熟成していくので、
味わいの奥行きが、生まれるのは、理解しやすいんですね。

じゃ、アン・ウッドは?

ここで、ワイン自体の果皮とか、澱の出番なんです。
この、澱なんですが、ちゃんと分解されて、
アミノ酸に変化しきっていないと、硫化水素臭となり、
すべてが、ぶち壊しになるんですね。

クラウディベイは、2ヶ月間澱と触れ合わせています。
澱が、充分自己分解してアミノ酸となり、
旨みとして味わいの幅を与えています。
シュール・リー、いいですよ〜^^

味わいの奥行きも、さることながら、
クラウディベイの味わいを構成するスパイシーさなんですよ。
この印象の鮮烈なコト!

オフィシャルな商品説明だと
「バジルや、レモングラスなんかのニュアンス」って、説明しています。

「ワシ、バジルもレモンナントカも知らんで」と
おっしゃる方も多いでしょう。
そういうワタクシも「知らんで」なんで^^
余計に伝わりくいですよね^^

ここは、誤解を恐れずに!
この高級ワインのスパイシーな味わいって
生のタマネギのピリッと来る感じとそっくりです!

思い切って、言ってみました。すっとした^^

「ナニソレ、おいしい感じ、しないやん!」
い〜え、違います^^飲めばわかります!

キンキンに冷たい状態から飲み始めると、
当たり前ですが、ワインの温度が低いんで、 グラスから香りはたちません。
冷たいままを口に含めば、清冽な石清水を思わせる
シャープなミネラルを感じます。
ミネラルの苦渋が、心地よく下の根っこの唾液腺を刺激して
唾液の分泌を促進するんで、食欲のスイッチが入るんですよね^^
普通は、ここでワインを「ゴックン」と飲み込んで、
口腔内に残ったワインが体温で温まって、様々な表情を見せてくれるんです。

が!!ここで、試して頂きたいのが、
ワインを口に含んで、すぐに飲み込まず「温めて」みて下さい。
ワインが温度の変化に呼応して味わいの表情を変えていくのが良くわかります。

ミネラル→青いライムを思わせる硬質な酸→酸が少しゆるんでGFっぽい印象に
→GFの果汁から完全に苦渋味を抜き去った旨味となってフィニッシュ。

おおまかに言ってこんな感じでしょう。
生タマネギをかじって感じるピリッとした刺激と
もわ〜〜としたオイリーなニュアンスは、
ワインがミネラルから硬質な酸へ変化を始める局面で前に出だします。
ただ、クラウディベイの場合こんなふうに「敢えて温めて」みないと
「味わいの組成」がわかりにくいんですよね。

冷たいワインを口に含んで、爽快な存在感を残して口腔内を通過して、
残ったワインが体温で温まって、素晴らしい柑橘感を与える。
「うわぁ〜〜〜めっちゃ爽やかやん!」と。

ここで、「な、タマネギやったやろ?」と付加疑問を決めても、
タマネギはあくまで「味わいの要素でしかない」んで、
「へ??タマネギ??なんか爽やかさしか感じないんですけど・・・」
と普通はなりますね。
あえて味わいを「探って」タマネギの存在を認識すると、
「タマネギ美味いレセプター」が出来上がるんですよね^^

そういう意味では、同じくNZの エイトポイント ソーブラ
「タマネギ美味いレセプター」作りには役立つでしょうね。
こちらはクラウディベイよりさらに爽快感が強いと思います。
あっ、初めてハーヴィシャスなワインに挑戦だったら、刺激、きついかな?

このあたりを飲んで、レセプターを作らずに
シレーニ セラーセレクション ソーブラ を飲もうものなら、

断言します、

ほぼ全てのハーヴ感を持ったワインを嫌いになるでしょう。
衝撃のタマネギ感なんですから^^

でも、レセプターがあれば確実に、ハマリます。
自信を持って^^
モノゴトには順番があるんですよ、ハイ^^

ワインを飲み始めた頃は、誰しも
赤ワインを掘り下げようとするんですね。
当店も同じでした。
それが、一巡すると、心は白ワイン〜

一巡したアナタ、出会ってしまいましたね^^
一度飲めば、誰かに話したくなり、
飲ませたくなること、ウ・ケ・ア・イ・・・
相手の「ナニコレ」って顔が、
目に浮かびます^^
さぁ、決めましょう、付加疑問!
「オイシクない?」←語尾、上がり気味で^^


さて「 大文字屋的にハーヴィシャスなソーブラに合うフード 」です。
(アメブロです。)
/
ポテチの油の感じが、なんとも合うんですよ^^
一度試してください。今回は、うす塩でしたが、
コンソメなんかも合うんじゃないかと思うんですが^^
ブログの本文にも書いてますが、
ワインを買って、いちいちフライパンを出して何かを作るって、
実はあんまりしませんよね^^深夜だと、なおさらです。
、 そんな時は、ポテチ。
「ほぼ3000円のワインにポテチかよ!!」←まぁまぁ^^
これが、また合うんですから。


ここでお知らせ!

当店送料無料の条件は、

ワイン4本とお米関係5kg同梱と、
ワイン12本、
お会計金額2万円超です。

絶対日本で一番送料無料に持ち込みやすいサイトですよん^^
ま、色々考えて見て下さいな^^

赤白それぞれ、大体の価格帯と味わいでまとめてます。
あと一本何かあれば、送料無料って時に活用ください。

↓グラスの画像がリンクになってます!↓

   

   

   

   



ワイン売るなら、料理とパン焼きは必須ですよね〜
大文字屋の最近の趣味は、もっぱら、料理とパン焼きです。
ワインって、絶対、料理と絡めないと、
オモシロさ半減ですよね^^

商品を選んで頂き、レジ精算を済ますせると、
システム上、お住まいの地域に応じて
「とりあえず運賃が加算」されてしまいます。

この問題については、
当方より再度運賃を除いた金額を改めてメール致します。
お客様におかれましては、この内容に沿って処理願います。

クレジットカード決済も同様に
合計金額から、運賃を除いた、商品代金だけを
売上げ処理致しますので、ご安心ください。


2015年度の記録が、仕上がりました。
一番最初まで、進んで頂くと、2012年度から見て頂けます。
2015年度は、前の年の2014年度と同じような推移でした。
作柄は、やや減産とのことです。
ざっくりと状況を説明すると、、7月中旬までは、
全ての条件が良かったんですよね。
ことしは、もしかすると、豊作??なんて話してました。
一番記憶に残ってるのは、梅雨の明け方でしょうか。
ホント、祇園祭の巡航が近づいた途端、
ピタッと雨が止んだんですよね。
ホント、鮮やかに梅雨明け。そんな感じでした。
日照時間と、気温もお盆までは、ホント順調に暑かったもんなぁ〜
でもでも、お盆が空けた途端に、曇りの日が続くんですよね〜
最後の3週間だけが、天候不良だったんですよ。
最後の方に、雨も降ってましたよね。
例年なら、カラッと乾いた田んぼで稲刈りをしてるんですが、
今年は、ぬかるんだ田んぼで稲刈りでした。
と、イマイチな話で生育記録は終わるんですが、
実際獲れた新米を、精米して、
松崎さんが作ったお米と、石橋さんのお米を
半々でミックスして炊飯してみたら、
例年通りの美味しい、神吉こしひかりでした。
2003年からのお付き合いですが、
一度も期待を裏切ることなく、美味しいお米が獲れています。

サンプル対応は、ワインをご注文の際に、
「3合試食サンプル希望」と摘要欄に
コメント下されば、対応致します。

今年も、やっぱり、美味かった。
神吉こしひかり、お召し上がりくださいませ〜〜

サイトトップページへ