ログインマイアカウント送料支払いについてショッピングガイドお問い合わせカートを見る

  • 0(税込)円
  • 0点
  • カートの中

素晴らしく美味しい柑橘です!誰が飲んでも、答えは、きっと「美味しい」! 梅な白まろやか

ポデーレ ヴァリエ オルビエート 750ml

ポデーレ ヴァリエ オルビエート 750ml

ポデーレ ヴァリエ オルビエート 750ml
商品コード:5334
ウンブリア州グレケット40トレッビアーノ20マルヴァジア20ヴェルデッロ10ドゥルペッジオ10
単価:980円(税込)
 
 
 
数量

商品画像をタップすると、
  試飲会画像がでますよ〜
☆ザクっ味わい☆
キンキンに冷たくして飲み始めて下さい!
ワインが冷たくても、口当たりがソフトです。
温度が上がリ始めると、グレープフルーツの旨
みがじんわり感じられて優しい味わいです。

下の画像にはクックパッドのレシピへのリンク
を貼ってますんで、参考にして下さいね〜

      

      

呑んだ瞬間に仕入れを決めました。
本当に「誰が飲んでも必ずオイシイ」んです。
試飲会で飲んだときも、充分に冷たい状態で
サーヴされてたんで、
温度が低い時のグレープフルーツを思わせる
柑橘を感じられました。
温度が少し上昇すると、
アオリンゴのニュアンスも出てきます。

このワインは、木製の樽を使っていないアン
ウッドなワインです。アルコール発酵から熟
成までステンレスタンクで行われます。

結構シンプルな手のかかっていない造り方なん
ですが、出来上がってくるワインは、絶妙なバ
ランスを保っています。

セパージュもイタリアの地ブドウで
グレケット40%
トレッビアーノ20%
マルヴァジア20%
ヴェルデッロ10%
ドゥルペッジオ10%
と多くの種類が混ざっています。

これは、「こういう比率で植わっている」畑を
収穫しているからなんです。
なんでも、昔のイタリアは品種もテキトーに植
えていて、「なんだか白ワインの畑」みたいな
管理だったんですって。

収穫も品種ごとに分類なんかせず、ドドドと収
穫して仕込んで、「おっ、美味いやん!」で、
美味いワインの出来る畑みたいな評価だったん
ですって。

すごく偶然だよりな造り方なんだとも思いますが、
植える品種や比率を巧妙に計算していたのでは?
と思えるくらい美味しい、良く出来たワインです。

ワインの中にあるとんがった味わいの元になる
リンゴ酸を乳酸発酵させ味わいをまろやかにする
マロラティック発酵も行われていません。

なのに、このやさしい口当たりなんです。これは
ぶどう品種ごとの特性をうまく綱引きさせ、味わ
いのバランスを周到に計算しているのでは?と思
える味わいなんです。これは、上手です。

このワインは、畑に植わっているそのままを収穫
して仕込んでいくんですが、最近こういうクラッ
シックな造り方をコピーして多くの品種を混ぜる
イタリアのワインも出てきてます。

温度と味わいの変化も充分楽しめますし、
誰が飲んでも美味しい、でも、安っぽくない、
コス・パの高いワインですね。

↓手羽元クリーム煮↓と合わせました。

手羽元のクリーム煮とイタリアの爽やかさん



ここでお知らせ!

当店の送料無料の条件は、
@ワイン4本とお米関係5kg
Aワイン単体で12
Bお会計金額が、2万円を超えた場合です。
「あと一本何か、無いかなぁ?」

そんな時は、下のボタンを押してください。

グラスのアイコンは、「赤白で大体の味わい」で
まとめています。ブドウのアイコンは、使われ
いる品種ごとでまとめています。
迷うのが買物の楽みなんて言いますが、欲しい
のが、さっと探せないと、それは、ストレス
ですもんね。

    
    
    
    
    
    
     
     

商品を選んで頂き、レジ精算を済ますせると、
システム上、お住まいの地域に応じて
とりあえず運賃が加算」されてしまいます。

この問題については、
当方より再度運賃を除いた金額を改めてメール
致します。お客様におかれましては、この内容
に沿って処理願います。

クレジットカード決済も同様に
合計金額から、運賃を除いた、商品代金だけを
売上げ処理致しますので、ご安心ください。



お米は、契約農家さんと直接取引です。
大文字屋も同じお米を食べております!


2017年度の記録が、仕上がりました。
一番最初まで、進んで頂くと、2012年
度から見て頂けます。

今期の作柄は、春先の低温の影響で、分ケツ
がイマイチだったとの事で、穂の出方も少な
かったようです。

天候ですが、梅雨明け以降、急速に持ち直し
て、少ない穂の実ひとつひとつに養分がしっ
かり溜まったお米が出来てるとの事です。

結果として、樹齢の若いブドウの木から、出
過ぎた房を、果して果汁の凝縮感を上げる
かのように、しっかりした味わいのお米にな
ったみたいです。

また、少ない穂にしっかり養分が詰まってる
んで、例年よりくず米の発生も抑えられて、
トータルで見て、収量は落ちたが、歩留ま
が良好なんで、〆てみて良かったとの事でし
た。

やっぱり、松崎さんと、石橋さんが育てた
こしひかりは、やっぱり美味しいですわ。

サンプル対応は、ワインをご注文の際に、
「3合試食サンプル希望」と摘要欄にコメ
ント下されば、対応致します。

今年も、やっぱり、美味かった。
神吉こしひかり、お召し上がり
くださいませ〜〜

サイトトップページへ