ログインマイアカウント送料支払いについてショッピングガイドお問い合わせカートを見る

  • 0(税込)円
  • 0点
  • カートの中

ミネラルをキチンと感じられるこのワインは、まさにVVたればこそ!瓶形変わってます! 晩酌 梅な赤まろやか

シュールダルク カベルネソービニオン VV 750ml

シュールダルク カベルネソービニオン VV 750ml

シュールダルク カベルネソービニオン VV 750ml
商品コード:5363
ラングドック&ルション リムー地区 カベルネソービニオン100%
単価:1,296円(税込)
 
 
 
数量

んでからる」キホンです!!
商品画像をタップすると、
                  試飲会画像がでますよ〜
☆ザクっと味わい☆
苦渋バランス良く素直に美味しい!
合わせたい料理は、肉料理全般。
焦げた脂やニンニクの香ばしさと適!
ステーキ、イイですねぇ〜

下の画像は、クックパッドのレシピへとリンク
を貼ってるんで、参考にして下さいね〜

            
このインポーターの試飲会は、とにかく大規模で、
出品されるワインの種類も、半端ないんで、全部
テイスティングは、とてもじゃないけどできません。

毎回、会場に一番乗りを決め、リストをスタッフか
ら奪い取り開場までの時間を使って入念に試飲
する優先順位を練りに練って試飲に臨みます。

そうしないと、飲んで、撮影して、メモ取ってがで
きないからです。って事で、フランスの「このあた
りのワイン」は、いつも優先順位が下位なんで、
試飲されることはないんです。試飲しないんで、
仕入れることもありませんよね(笑)

この時は、なんとなくフラっと試飲したんですね。

ナンデダロ^^そのワケは、まぁエエとして、
南仏久々の大ヒットですね、これは^^

南仏のこの価格帯のワインって、とてつもなく大
量生産なんで広大な畑を機械で収穫するんで、
どうしてもブドウの選別や完熟度合いの見極め
が荒っぽくなるんですよね。で、出来てくるワイン
も過度に青臭く、ピーマン料理にしか合わせられ
ないってシロモノが多いんです。

お客さんにしても、なんとなくフランス=高級なん
て思って、期待大で栓を抜き飲んでガッカリなん
てことあると思います。一度トラウマになると、フ
ランスワインのみならず、ワイン全部がイヤにな
ったりします。

このワイナリーは、リムー地区の大きな協同組合
なんです。数多くの畑であり、生産者の集合体な
んですよね。結局このワイナリーの場合は、ブレ
ンダーの手腕が半端ないんでしょうね。見事な均
衡を保ってますね。

この価格にしては贅沢にも、樽熟成を40%ブレン
ドしてますし、まぁ、良くできています。

まず、香り。
見事に新品のジャムの瓶の香りがします。ブルー
ベリージャムの瓶ですね。

口に含めば、ワインが開いてないと、キュッと締ま
ったミネラルを感じます。フランス的なシリアスなニ
ュアンスですね。

青臭さはありません。菌類系のシリアスさではな
い味わいですね。ミネラルですよ、ミネラリーな苦
味?これ、シリアスですね。

タンニンは、紅茶の渋さ「のような」ニュアンスです。
ワインが開くと、果実甘く変わるんですよね。AOC
ボルドーの1000円台のより断然このワインの方が
完成度、高いですよ。

そうそう、VVだった!ヴィエイユ・ヴィーヴィユ、
古木、高樹齢の畑って意味です。

根っこが長く伸びて、地下水脈に到達してるんで、
ミネラル、吸い上げるんですってね。

ナルホドね、このミネラル、そういう事ですわ。

飲めばわかる、納得のエレガンス←なんのこっちゃ^^

でも、これ、飲めばワカル!←しつこい(笑)

ここでお知らせ!

当店の送料無料の条件は、
@ワイン4本とお米関係5kg
Aワイン単体で12
Bお会計金額が、2万円を超えた場合です。
「あと一本何か、無いかなぁ?」

そんな時は、下のボタンを押してください。

グラスのアイコンは、「赤白で大体の味わい」で
まとめています。ブドウのアイコンは、使われ
いる品種ごとでまとめています。
迷うのが買物の楽みなんて言いますが、欲しい
のが、さっと探せないと、それは、ストレス
ですもんね。

    
    
    
    
    
    
     
     

商品を選んで頂き、レジ精算を済ますせると、
システム上、お住まいの地域に応じて
とりあえず運賃が加算」されてしまいます。

この問題については、
当方より再度運賃を除いた金額を改めてメール
致します。お客様におかれましては、この内容
に沿って処理願います。

クレジットカード決済も同様に
合計金額から、運賃を除いた、商品代金だけを
売上げ処理致しますので、ご安心ください。



お米は、契約農家さんと直接取引です。
大文字屋も同じお米を食べております!


2017年度の記録が、仕上がりました。
一番最初まで、進んで頂くと、2012年
度から見て頂けます。

今期の作柄は、春先の低温の影響で、分ケツ
がイマイチだったとの事で、穂の出方も少な
かったようです。

天候ですが、梅雨明け以降、急速に持ち直し
て、少ない穂の実ひとつひとつに養分がしっ
かり溜まったお米が出来てるとの事です。

結果として、樹齢の若いブドウの木から、出
過ぎた房を、果して果汁の凝縮感を上げる
かのように、しっかりした味わいのお米にな
ったみたいです。

また、少ない穂にしっかり養分が詰まってる
んで、例年よりくず米の発生も抑えられて、
トータルで見て、収量は落ちたが、歩留ま
が良好なんで、〆てみて良かったとの事でし
た。

やっぱり、松崎さんと、石橋さんが育てた
こしひかりは、やっぱり美味しいですわ。

サンプル対応は、ワインをご注文の際に、
「3合試食サンプル希望」と摘要欄にコメ
ント下されば、対応致します。

今年も、やっぱり、美味かった。
神吉こしひかり、お召し上がり
くださいませ〜〜

サイトトップページへ