ログインマイアカウント送料支払いについてショッピングガイドお問い合わせカートを見る

  • 0(税込)円
  • 0点
  • カートの中

実は、ミュスカデと言う品種は無いんですよ^^これ、地名なんです。 竹な白辛口

ドメーヌ デュ シャトレ ミュスカデ セーブル エ メーヌ シュールリー 750ml

ドメーヌ デュ シャトレ ミュスカデ セーブル エ メーヌ シュールリー 750ml

ドメーヌ デュ シャトレ ミュスカデ セーブル エ メーヌ シュールリー 750ml
商品コード:878
ヴァル ド ロワール地区 ムロン・ド・ブルゴーニュ100%
単価:1,305円(税込)
 
 
 
数量

商品画像にカーソルをあわせると、試飲会画像がでますよ〜
ザクっ味わい→キンキンに冷たくして飲み始めて下さい!
           ワインが冷たいと、適度なミネラルの苦渋が、
           唾液腺を刺激して食欲がわきます。
      温度が上がリ始めると、ぶどうの旨味が炸裂です^^
          合わせたい料理は、豚、鶏、魚をデミグラ以外で味付たもの。
         白身魚のフライ、鶏の唐揚げ、クレソルを使った炒め物など。
         ↓↓クックパッドのレシピへリンクしています↓↓

      
カレイの唐揚げ                          スズキのポワレ

      
羽先の塩焼き                         ぶりかま塩焼き

実は、大文字屋が一番好きな類の白だと思います。
白ワインを時間かけて熟成していく方法論って
ザックリ分けると樽熟成かシュール・リーだと思います。
あくまで、ザックリね。

樽熟成は、
樽材に出来ている微細な穴から
酸素が樽に入り、ワインを酸化熟成していくのと、
木材由来の樹脂成分がワインに溶けだして
味わいの奥行きを与えるのに対し、
シュール・リーは、
ステンレスタンクで熟成されていきます。
空気や、樽材のニュアンスも存在しない
シュール・リーの
味わいに奥行きを与える要素は、澱なんです。
ワインの澱とは、
破砕され搾汁された果汁と。果皮、果肉に
アルコール発酵の際にできた酵母の死骸等です。
熟成初期段階では、雑味でしかなく、硫化水素臭も伴うんで、
すっきりした味わいを好むワインは、
アルコール発酵終了後、直ちにワインと澱を分離します。
さて、初めは厄介者の澱ですが、
一定の期間、大体3カ月くらいですね、を経過すると
菌類の集合体である澱が自己分解しアミノ酸に変化し始めます。
シュール・リーは、このアミノ酸を旨味として
ワインにまとわせているんですね。
冷たい時のシャープな切れ味から、
温度が上がりだし、グレープフルーツを思わせるボリューム感が
グワッと立ち上がってくるんです。
これぞ、シュール・リーって感じです。
白はとにかく、ヒエヒエから飲み始めてくださいね。



ここでお知らせ!

当店送料無料の条件は、

ワイン4本とお米関係5kg同梱と、
ワイン12本、
お会計金額2万円超です。

ま、色々考えて見て下さいな^^

赤白それぞれ、大体の価格帯と味わいでまとめてます。
あと一本何かあれば、送料無料って時に活用ください。

↓グラスの画像がリンクになってます!↓

   

   

   

   



大文字屋の最近の趣味は、もっぱら、料理とパン焼きです。
ワインって、絶対、料理と絡めないと、
オモシロさ半減ですよね^^


商品を選んで頂き、レジ精算を済ますせると、
システム上、お住まいの地域に応じて
「とりあえず運賃が加算」されてしまいます。

この問題については、
当方より再度運賃を除いた金額を改めてメール致します。
お客様におかれましては、この内容に沿って処理願います。

クレジットカード決済も同様に
合計金額から、運賃を除いた、商品代金だけを
売上げ処理致しますので、ご安心ください。



/

2014年度産 神吉こしひかり、成長の記録 です。


2014年度を振り返って、思う事、
それは、神吉って本当に「いいところ」だなぁ〜です。
いいところって、稲作にとっていいところでもあり、
人間の生活においても「いいところ」だと思います。
2014年になっても、いまだに熱帯夜が、殆どなくて、
エアコンの無い家があると言うこの現実。
これは、標高380mもある高原だからなんですよね。
道端のデジタル温度計の温度差が5℃くらいはありますもん。
で、高原ですが、盆地なんで、
真夏の昼間の気温は、楽に30度を超えてくれます。
ここ数年の偏西風の蛇行に起因する異常気象の影響も、
本当に無縁な地区なんですよね。
とは言うものの、2014年度は、8月の日照不足で、
穂の長さが例年より短くなり、穂の根元に近い場所に
やや、未熟な米粒が混ざってたりします。
明らかに収量は減少しているんで、農家にとっては売り上げ減ですが、
我々販売側にとっては、実は、マイナスじゃないんですよ。

ワイン用のブドウを栽培する中で、重要な作業があります。
それは、収量を制限する「剪定」なんです。
ブドウの木に出来る房を敢えて減らすことによって、
獲れるブドウの味わいの凝縮感を高めるんですが、
今年のお米は、明らかに例年より味わいが濃いんです。
炊き上がりが美味しいのは、まぁ、当然なんですが、
冷えてからの甘さの乗りが、強い強い。

農家の方には、ホント、申し訳ないんですが、
やや収量減で有難うございます。
奥深い味わいのお米になりました!!
松崎さん、石橋さん、(←契約農家のお二人です)
今年も美味しいお米、ありがとうございます!!!

サイトトップページへ